石塚株式会社

Trivia 製品豆知識

環境に優しいプラスチック?バイオマスプラスチックとは

製品豆知識2022/04/26

2020年7月から、いわゆる「レジ袋」の有料化が全国でスタートしました。
これは廃棄物の問題や、資源、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化など、私たちのライフスタイルと環境問題を見直すきっかけを作ることを目的として行われております。それにともなってバイオマス(植物由来)素材のものや、生分解性のある素材への転換が政府の方針もあって進んでいき、環境負荷軽減素材の需要も増加しております。
この潮流はレジ袋やコンビニの使い捨てスプーンなどに留まらず、プラスチック業界全体に広がっています。そんな中でよく耳にする「バイオマスプラスチック」。そもそもどういったものなのでしょうか?
植物由来…いったいどんな植物が使われているのでしょうか?大まかにはなりますが、今回のコラムをみなさまのご理解にお役立ていただければと思います。

1.バイオマスプラスチックとは?

一般的なプラスチックは石油由来の原料(ナフサ)から作られます。バイオマスプラスチックはその石油由来の原料を一部、もしくは全て植物由来の有機物から合成した原料を使って作られたプラスチックのことです。

原料に使われる植物はサトウキビやトウモロコシが主流で、そこからとれるデンプンを原料としています。またトウゴマからとれるひまし油も主に使われます。昨今では様々な研究開発が進み、竹やお米を原料にしたバイオマスプラスチックも登場しています。

2.バイオマスプラスチック、何が良いの?

通常のプラスチックをバイオマスプラスチックにすることで、CO2(二酸化炭素)の増加を抑制することができます。
バイオマスプラスチックをゴミとして焼却処分しても一般的なプラスチック同様、CO2が発生します。
しかしこのCO2は、原料である植物が光合成によって吸収した二酸化炭素であるため、継続的にバイオマスプラスチックを使うことは、結果的に二酸化炭素の増減に影響を与えず、プラスマイナスゼロの状態になります。このようなサイクルを「カーボンニュートラル」と呼びます。

カーボンニュートラルのイメージ

3.石塚でのバイオマスプラスチック 取り扱い商品

弊社でもバイオマスプラスチックを使用した素材、商品のお取り扱いがございます。
お困りのことがあれば是非ご相談ください。

アキレス POViC-BR

バイオマスの原材料を一部使用した、透明オレフィンフィルムです。再生仕様のため「グリーン購入法」にも適合。高周波溶着適正に優れた、加工のしやすいフィルムです。

アキレス POViC-BR

●常備在庫規格: 0.3mm厚×1000幅×50m巻

製品展開例

手帳/ブックカバーなど

塩ビが使用できない環境での通い袋など

バイオマス可塑剤を使用した軟質PVCフィルム

原料として植物由来の可塑剤を使用したPVCフィルムです。従来の軟質PVCフィルムと同等の性能で、バイオマスマーク15%取得可能な商品です。

 

ライスレジンPP

原材料としてお米を使用したバイオマスプラスチックです。それをPPシートに加工して様々な製品に加工が可能です。

  • ※受注生産品 詳細は営業までお問い合わせください。
製品展開例

クリアファイル

ランチョンマット

マスクケース

弊社では環境に配慮した素材や、それを使用した製品のご提案が可能です。
商品企画でお悩みであればぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。

Guide初めての方へ

「石塚株式会社って?」「問い合わせの流れがわからない…」など当HPへ初めてお越しになられたお客様はこちらをご覧ください。

Contactお問合せ

私たちと一緒に新しいビジネスに挑戦してみたい企業の方はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

石塚株式会社 東京本社

(03)3866-8201

石塚株式会社 大阪支店

(06)6441-0785

石塚株式会社 静岡営業所

(054)294-8931